--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 15  
『お前が小さい頃、「あの子守歌歌って」と母にねだるくせに、歌が「お母さん いないけど 泣かずに 一人でねんねしよう」の箇所にくると「ワン泣き」して歌う口を押えたんだ』と言われた子守唄が、「今日から一人で寝んねしょう♪」で始まる子守唄でした。
おそらく「母のいない子供」への感情移入があったからだと思います。今でも・・・・・(>_<)

この歌詞のすべてを覚えていたわけではないので、姉・兄に聞いたがこの歌自体を知らず、母が亡くなった今では、もうすべての歌詞を知ることはできないのかと諦めていた。

先日、また、どこかの記憶の引き出しが開いてこの歌が、頭の中を走り回り、どうしても全部の歌詞が知りたくて再びネットで「子守唄」「今日から」「一人でねんね」などをキーにしてサーチしていたら、ヒットしました!! 以前にはどこもヒットしなかったのですが、ヒットした時は感激でした。

ヒットしたHPは、熊本県の『 くらしのあゆみ 一の宮 』でした(2002年10月10日開設)。この中の「昔の歌」のカテゴリに「今日から一人でねんねしょう」と言うタイトルでこの歌詞がすべて載っていました。

現在は、総ての歌詞が判り幸せです。
「(元)一の宮町文化協会」の皆様、有難うございました。

この歌のルーツ(何時、何処から)を知りたくなりました。
ちなみに母は、北陸地方の生まれで、京都の学校に行っていたくらいで、九州には余り関わりはなかったようです。
北陸地方にはこの子守唄はないように思われます。

歌詞は次とおりです
「ユーチューブ」で歌っているものがあれば聞きたいと思う。

一人でねんねしよう

(一)今日から一人でねんねしよう
   ねいやはお里へ 行ってしもうた
   母さんは お墓で おねんねよ

(二)今日から 一人で ねんねしよう
   おとぎ話も 出来ないが
   楽しい夢よ 来ておくれ

(三)今日から 一人で ねんねしよう
   お手々の枕も 出来ないが
   静かな 眠りよ 来ておくれ

(四)今日から 一人で ねんねしよう
   ねいやも お母~さんも いないけど
   泣かずに 一人でねんねしよう


ただ、私がおぼえているのも、母が歌ったのも1番と4番だと思います。

また、私が生まれた頃は、『「継母は怖い、苛められる」から実母を大事にしなくてはいけない』と言うことを教えるため言われていました。
だから小さい頃は「お母さんのない子」=「かわいそうな子」と思っていました。これが、「ワン泣き」の原因だと思います。

この子守唄のルーツはやはり九州なんですかね。
他にも少し悲しい、厳しい子守唄があるようなきがします。


一つ知りたいことが解決しましたが、ルーツを探ることが生まれました (^_^)v


スポンサーサイト
NEXT Entry
シンメトリー
NEW Topics
シンメトリー
今日から一人で (子守唄)
めんこい仔馬
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マダ

Author:マダ
還暦を超え、身体の動きが鈍くなったアングラーの釣り紀行です。

2010.07.01 毎日がホリデーになりました。

写真は、愛猫のヒヨです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。